奈良岡監督は、全中(全国中学校大会)を
 
選手のコンディションをピークに持って行くのがとても難しい大会
 
としています。
(バドミントンマガジン2016年10月号68ページ)


 
というのも、その一週間前に東北大会が開催されているため、休養時間が十分に確保できず、選手の疲れが十分にとれません。
 
監督は、ピークの後には休養期が必要という考えなのです。
 
ピークを持って行きたい本番には、リラックスした、良い状態で入ることを理想としています。
 
浪岡中では、本番の二週間前あたりは追い込んだ練習をし、一週間前からは確認作業を行います。
 
追い込み練習では、ゲーム練習はしません。アタックやレシーブなどのノックを、時間・セット数を増やして行います。
 
確認作業ではゲーム練習やパターン練習を行います。
 
現地に入ってからは、ゲーム練習はフルではやりません。
 
10オールや15オールから、ピンポイントな場面を想定した練習を行います。
 
>>バドミントン・ジュニア選手育成プログラム 奈良岡浩監督の指導法<<
※奈良岡監督の練習メニューを収録したDVDの内容をまとめています
 
浪岡ジュニアバドミントンクラブ練習法DVD
 
バドミントンバドミントンで「メンタルで負ける」とは「体力負け」?


バドミントンバドミントン奈良岡監督は”しくじり先生”?チームの雰囲気