どんなスポーツの試合でも、ベンチの監督やコーチが選手に与えるアドバイスで多いのは
 
相手選手(チーム)の弱点や攻めどころ
 
ではないでしょうか。
 


これは競技である以上、至極妥当なアドバイスであり、これを言わないケースのほうが少ないはずです。
 
しかし奈良岡監督は、まずは選手自身のアドバイスをするそうです。
(「バドミントンマガジン」2016年7月号72ページ)
 
選手本来の動きができていない、ベストの状態ではないところを、「ヒジが下がっている」や「○○がいつも違う」など具体的に指摘するのです。
 
選手自身が気付きにくいであろう、こうした細かい点をアドバイスして、試合中に本人の調整・修正を促すのです。
 
つまり、
 
まずは戦っている本人がベストの力を出し切らなければ、対戦相手とも戦えない
 
という考えなのです。
 
相手の弱点などを指摘するのはその後でいい、というわけです。
 

 
とはいえ、どんなに良いアドバイスをしても、選手の全ての動きに指示を出せるわけではないので、最終的には選手が自分で考えて行動しなくてはいけません。
 
奈良岡監督は日頃の練習でもその力を養うよう心がけています。
 
>>バドミントン・ジュニア選手育成プログラム 奈良岡浩監督の指導法<<
※サイト内の別コンテンツです
※奈良岡監督のメンタル面の指導やアドバイスをまとめた特典つきです