2016年の8月の全国中学大会で、奈良岡監督が指導する浪岡中学は2年ぶりの優勝を果たしました。
 
選手達はこの大会に向け、「全中団体優勝奪還」を目標に掲げて練習に励んできた結果が出たのです。
 

 
しかし監督は、まさにその目標に向かっていた時、チームの雰囲気に違和感を感じていました。

その原因を、奈良岡監督は次のように分析されています。

春の全日本中学生、夏の県大会も東北大会もあまりよくなくて・・・。
 
話をしていても、行動を見ていても、前回優勝したときのチームのムードと違いました。
 
おそらく選手達は、「自分たちはチャンピオンチームだから奪還するんだ」という気持ちが強く、「挑戦者」の気持ちが足りなかったことも原因だったと思います。
 
(バドミントンマガジン2016年10月号68ページ)

 
この雰囲気を変えるにはどうすればよいか?悩んだ監督が、ひとつの打開策を思いつきます。

そこで私は、どうすれば選手の意識が変わるのか悩んだ末に、自分がダメだったときの話をしました。
 
脱落した経験があることや、努力が足りなかったこと・・・だからいま、コーチをしているのかもしれない、という話も。
 
指導者なら、「こうしたから勝てた」という成功談をしたいものですが、このときは、それでは変わらないと思ったんです。
 
ダメだった話をして、「俺みたいになるな」と。
 
まるで某テレビ番組の「しくじり先生」のようですね(苦笑)。

 
この打開策は、功を奏します。

そこから少し、選手が変わりました。私が何もいわなくても行動が早くなった。
 
たとえば、試合前の選手召集所に行くのは私が最後。それは、優勝した2年前もそうでした。
 
やはり、私が引っ張っているようでは勝てない。
 
選手自身が、「自分でやるんだ!」という気持ちにならないと、大きなことは成し遂げられないのだと思います。

 
結果的に、全国中学大会で優勝。
 
浪岡中といえば、いまや押しも押されもせぬ強豪校です。
 
しかし、たとえ浪岡中であっても、挑戦する気持ちを持たなければ全国大会での優勝は難しいのです
 
バドミントンに限らず、同じような悩みをお持ちの指導者は、このエピソードを参考にしてみてはいかがでしょうか。
 
>>バドミントン・ジュニア選手育成プログラム 奈良岡浩監督の指導法<<
※奈良岡監督のメンタル指導法に関する特典をつけています
 
浪岡ジュニアバドミントンクラブ練習法DVD
 
バドミントン奈良岡監督 試合前の追い込み練習・確認作業


バドミントン浪岡ジュニアバドミントンクラブ 沖縄合宿 課題と選手の変化