バドミントン日本代表を指導する中西洋介コーチが、自身の著書「中西洋介のアカデミック・バドミントン」でロブについて説明されています。

ロブとはどんなショットか、打つ軌道で注意すべきこと、ロブが得意だと試合でどのように有利になるのか、などがわかります。
 
「ロブが苦手な人の特徴」についても解説されています。
 
同書の25ページから一部を抜粋しています。


中西洋介のアカデミック・バドミントン
※Amazonへリンクします

ロブの軌道の注意点 打てるメリット・打てないデメリット

中西コーチはロブの軌道の重要性を強調されています。

守備で使う重要なショット
ロブはネット前に落とされたシャトルを大きくコート奥へ上げる、守備的なショットです。シングルスではとくに重要で、日本代表でも時間を割いて練習します。
 
理想的なロブは、バックバウンダリーライン付近という距離に加えて、「高すぎず、低すぎず」という高さも大切です。
 
高すぎると相手に回り込む時間を与えてしまい、低すぎると跳びついて打たれてしまう。
 
相手の打点をより後ろにする、絶妙な高さを意識しましょう。

ロブが得意になると、試合運びが有利になるようです。

ロブが上手い選手は ラリー展開に余裕がある
ロブが得意な選手は、心に余裕が生まれ、無駄なスタミナを使わずに試合を運ぶことができます。
 
絶妙な高さのロブで相手をコート奥までしっかり追い込めば、100パーセントの力で打たれることが少なく、しっかり守備ができる。
 
相手がクリアーなど、つなぎ球を打ってくることが増えるので、ラリーの主導権を奪い返すことにもつながります。
 
守備をしながら相手のペースを崩し、うまくラリーを展開することができるのです。

対してロブが苦手だと相手に主導権を取られてしまいます。

ロブが苦手な選手は 苦しい状況が続いてしまう
ロブが苦手でコート奥まで返せないと、攻撃を受ける回数が増えます。相手にいい体勢で打たれてしまい、レシーブで後手に回って苦しい状況が続くことに。
 
ロブに自信がないからとネット前でヘアピン一辺倒になれば、相手に読まれてしまいます。
 
なお、ロブが苦手な人の特徴の一つが、ストレートにきちんと打てず、クロスに打ってしまうこと。続く展開ではコート内の移動距離が長くなり、スタミナのロスにつながります。

ロブの具体的な打ち方については、「アカデミック・バドミントン」や中西コーチのDVDを参照してください。

 

バドミントンシングルス勝つための必勝法と練習の極意(DVD2枚組)
日本代表選手が実践する練習メニューがわかる!




中西洋介・日本代表コーチに質問できる180日間のメールサポート付き(無料)です。
・初心者に多いフットワークのNGと自然な改善法
・フェイントが下手な人の共通点と改善方法
・ウエスタングリップに切り替えたほうが有利な場面とは?
・安定感のあるショットを打つための体の使い方
・うまいプッシュを打つ選手が意識していること
・前後に素早く動くためのフットワーク練習 ポイントは2つ
・ホームポジションからの移動はまずどのように足を出す?
・相手を崩しやすくするための攻め方と練習方法
・日本代表選手が最も多く行っている練習とは?その理由とやり方
など国内トップ選手を育てるための練習内容が多数収録されています。
>>詳細はこちらから