バドミントン日本代表を指導する中西洋介コーチが、自身の著書「中西洋介のアカデミック・バドミントン」でプッシュについて説明されています。

中西コーチによるとプッシュは二つの効果を持つ打球で、そのいずれにも共通する「良い球を打つポイント」があります。
 
「プッシュが苦手な人の特徴」についても解説されています。
 
同書の34ページから一部を抜粋しています。

プッシュの二つの効果と打ち方のコツ

中西コーチは、プッシュには二つの役割があるとされています。

決め球でもあり、崩し球でもある
どの種目でも決め球として多く使われるプッシュ。また、相手を崩して次で決める「崩し球」の要素もあります。
 
いずれにしても、ラリーのなかでミスをしやすい、非常に繊細なショットです。
 
決め球と崩し球の違いは打点。より高い位置であれば決め球、ネットの白帯からあまり浮いていなければ崩し球。その分岐点は練習のなかで決めておきましょう。
 
共通するのは体の前、より正面に近い位置でとらえることです。

プッシュを上手く打つためのコツです。

プッシュがうまい選手は 体の前でとらえられる!
プッシュがうまい人は、シャトルをとらえる位置が体の前。目線を正面として頭の前、視界の範囲内に打点があります。
 
ダブルスでは上体が自然体か、やや前傾の姿勢で構える。速い展開でも、打点は常に自分の頭の前。頭の上はシャトルが見えていないのでNGです。
 
上のレベルでは、相手の返球の軌道を見て「ここにくる」と判断。常に正面でとらえるのは難しいですが、「自分の範囲」でつかまえることが必須です。

逆に上手く打てない選手は、このようなとらえ方をしています。

プッシュが苦手な選手は 打点が下や後ろにある
プッシュが苦手な人の多くは、打点が下や後ろ。立ち位置が下がったり、上体がのけぞったりすると、角度をつけるのが難しくなるので、ネットすれすれのシャトルも、前でとらえたほうが安定します。
 
よく「ラケットを上げて」といいますが、ラケット面は頭の上ではなく頭の前に。ネットすれすれのシャトルを打つには、160~170センチあたりにラケット面があれば十分です。
 
頭上高くだと、バック側を速い球で抜かれる場面が増えてしまいます。

プッシュの具体的な打ち方については、「アカデミックバドミントン」や中西コーチのDVDを参考にして下さい。


中西洋介のアカデミック・バドミントン
※Amazonへリンクします


バドミントンシングルス勝つための必勝法と練習の極意(DVD2枚組)
日本代表選手が実践する練習メニューがわかる!




中西洋介・日本代表コーチに質問できる180日間のメールサポート付き(無料)です。
・初心者に多いフットワークのNGと自然な改善法
・フェイントが下手な人の共通点と改善方法
・ウエスタングリップに切り替えたほうが有利な場面とは?
・安定感のあるショットを打つための体の使い方
・うまいプッシュを打つ選手が意識していること
・前後に素早く動くためのフットワーク練習 ポイントは2つ
・ホームポジションからの移動はまずどのように足を出す?
・相手を崩しやすくするための攻め方と練習方法
・日本代表選手が最も多く行っている練習とは?その理由とやり方
など国内トップ選手を育てるための練習内容が多数収録されています。
>>詳細はこちらから