雑誌「バドミントンマガジン」2016年11月号に、高岡第一高校の練習メニューに関する記事がありました。
 
中田監督の解説と共に、ポイントを抜粋して紹介します。
 
まずはダブルスの練習法から。
 

1 ハーフローテーションアタック
ネット前で確実に決めきる!
 
■練習法
・ダブルスのペアでコートに入る。

・ノッカーからランダムに出されるハーフ球を練習者がアタック

・ネット前の球に対してはプッシュを打ち、一度で決まらない場合は、二度、三度と攻めて決めきるイメージで行う

・ノックはコートの右サイド、左サイドに分けて実施 

・練習者は、ローテーションしながらアタックを続ける
 
※速い展開になるので、球を打っていない選手も常に準備をし、スムーズにローテーションできるようにする
 
※左サイドで行う場合は、時計回りにローテーション ハーフ球にタイミングよく跳びついて、後ろから素早く前に出ることを意識する
 
※各サイド30本×3セット(左右合計で6セット)

 
この練習について中田監督の解説です。

後ろからのアタックではなかなか決まらないので、試合でよく使われるハーフ球をしっかり攻めて、チャンスを作ることが大切。
 
ハーフから崩したら、素早く前にラッシュし、ネット前で決めきるイメージを持って取り組んで下さい。

 
2 2:1のつなぎ&アタック
細かいショットの精度を高める
 
■練習法
・2:1でコートに入り、つなぎのショットを打ち合う

・続けて、練習者の2はひたすらアタックをし、相手の1はレシーブに徹する

・コースはランダムでよい

・これらをミスの内容、連続で行う
 
※”つなぎ球”を相手コートに沈める技術を高め、低く速いラリーの中から攻めに転じるイメージを高める
 
※激しい動きをするアタックで疲れた後でも、つなぎ球をミスしないように打てるようにする
 
※つなぎのショットを10本打ち合ったら、1側がロブを挙げてそのままスマッシュ&レシーブへ移行
 
※つなぎ10本の後、アタック20本×3セット

 
中田監督の解説です。

打つ人の技術も大切ですが、打っていないパートナーが常にカバー場所を考えてポジションをとることも大切です。

 
3 3:1のレシーブ
クロスレシーブで相手を崩す!
 
■練習法
・パートナー3人は前衛1人と後衛2人の形でコートに入り、対する練習者はコートの左右どちらか半面に入る

・練習者は相手スマッシュを何本かロングレシーブした後、ドライブレシーブで返す

・相手からプッシュが来たらクロスレシーブで返す

・パートナーの前衛はネット前に返球し、練習者はロブを上げて、今度は逆サイドの半面でレシーブから始める
 
※レシーブから攻撃へ展開するための練習
 
※練習者は連続攻撃に対してドライブレシーブを仕掛けていき、相手のストレートプッシュを誘って逆サイドにクロスレシーブ
 
 
※クロスレシーブは球に合わせるイメージで打つのがコツ
 
※速い展開の中で素早く穴を突くことで、相手を崩して攻撃展開に持っていく
 
※15分間行う

 
中田監督の解説です。

うまくやるコツは、ドライブレシーブを大振りしないこと。
 
次のクロスレシーブを少しでも速くさわればチャンスは広がります。

次のページに続きます。シングルスの練習法です。
 
このコンテンツは雑誌バドミントンマガジン 2016年11月号50~51ページを参考にしました。
 
記事では、画像つきで解説されています。
バドミントンマガジン定期購読や最新号・バックナンバー レビューも
 
名門・浪岡ジュニアはどんなを練習しているのか?
奈良岡監督が実演・解説するDVDです!
↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓
namioka-1
バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
浪岡ジュニア式 初心者から全国レベルになる方法


参考映像 or 画像や実践者の体験談もあります!
↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓
簡単バドミントン上達法 練習で悩んでいるなら この練習法を試してみて下さい
有田浩史の「ゼロから始める!バドミントン上達テクニック」初心者が3カ月で劇的に変化する9つの基本フォーム練習法
有田浩史の「ゼロから始める!フットワーク練習プログラム」 あなたのラケットワークを最大限に活かす為に
バドミントン・ジュニア選手育成プログラム~浪岡ジュニア式 初心者から全国レベルになる方法