バドミントンの高橋礼華・松友美佐紀ペアは、2016年リオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得しました。
 
雑誌「バドミントンマガジン」2016年10月号で、”タカマツ”ペアの強さを、小椋久美子さんが分析されていました。
 
その記事のポイントを箇条書きにまとめて紹介します。

高橋礼華選手の強さ
◆体のバランス力

・体のバランスがしっかりしているので、狙ったコースにスマッシュを打ち込める
 
・体幹が強く、フットワークも良い
 
・体のバランスが良いのでスマッシュの質を落とすことなく、どんな体勢からでもコンスタントに同じ質のスマッシュを打てる
 
・球質やコースを変える判断力にも長けているので攻撃が常に安定している
 
 
◆スマッシュのコース
・たかはし選手のスマッシュは「切れ味鋭い」というより、ズーンと重く手元で伸びる感覚があり相手はレシーブしにくい
 
・打つコースが素晴らしいが、一発で決めようとせず、前衛の松友選手に打たせるスマッシュ、自分から攻めるスマッシュと打ち分けられる
 
・相手の特徴を見ながらコースを組み立てられるので、海外選手よりパワーが劣っていても、頭を使ったスマッシュや攻撃でポイントが奪える
 
・狙って打てるコントロール精度が世界トップクラスだけでなく、力の抜き方、タイミングの外し方などトータルの攻撃は世界一かも
 
 
松友美佐紀選手の強さ
◆鋭い読み

・相手のラケットの構え方、使い方、出してくるコースの傾向を読みとる力が優れているので、良いポジションに立ててどんな球にも対応できる
 
・相手の配球を読めるのでタッチが早くなる 対戦相手は、ラリーの体感スピードが他のペアよりも速く感じているのではないか
 
・前衛の松友選手が幅広く動くので後衛はカバーする範囲が小さくなるので体力的にも楽になる
 
 
◆前衛からのコースの打ち分け
・技術面で特筆すべきは、テークバックが小さくてコンパクトなスイングができること
 
・普通のプレーヤーはラケットを引く間にシャトルが近づくが、松友選手は引きが小さくスイングが鋭いうえに、シャトルをピンポイントでとらえる感覚に優れている
 
・相手の速いレシーブにも対応でき、自分の間合いでシャトルを出せるので、ネット前に落とす、プッシュを打つなどその場面で効果的なショット、コースを使い分けることができる
 
・あえてコート奥に打って”崩す”プレーもできるので相手からすると前後に、そしてスピードの緩急もつけられるので非常にやりにくいはず

ダブルス練習法
各種練習法