バドミントン日本代表を指導する中西洋介コーチが、自身の著書「中西洋介のアカデミック・バドミントン」でレシーブについて解説されています。

中西コーチによると、レシーブは日本代表でも重要視されているそうです。
 
とはいえレシーブだけでは試合には勝てません。自分の攻撃につなげるためのレシーブが必要なのです。
 
「レシーブがうまい選手の要素4つ」などともに中西コーチの解説を参考にしてみてください。
 
同書の42ページから一部を抜粋しています。

レシーブ、つまり守備は重要なのですが、自分の攻撃につながるものでなければダメなようです。

攻撃へとつなげるショット
攻撃と守備があるバドミントンは、攻めて点数をとることと同じくらい、守って点数をとられないことが大事。
 
日本代表でもレシーブを重要視しています。
 
ただし、レシーブがうまいから勝てるというわけではありません。試合では、相手がいい体勢から攻撃する状況を減らすこと、自分のレシーブ回数を減らすことが求められます。
 
技術を磨くと同時に、どんなレシーブをして自分の攻撃機会を増やすか。判断力を高めることも重要です。

中西コーチによると、レシーブが上手い選手はこうした特徴があります。

レシーブがうまい選手は 体と技術と頭脳をうまく使える
レシーブがうまい選手には、主に四つの要素があります。
 
1 体の使い方がうまく、広い範囲に対応できる
2 ラケット面のつくり方がうまく、シャトルをとらえてキレイに返す「当てる感覚」が優れている
3 相手の力に負けないパワーがある
4 相手のフォームやシャトルの位置から、素早く正確にコースを判断できる「読み」がいい
 
体と技術と頭脳をうまく使えて、攻撃につなげる返球ができる。そんな選手が、レシーブがうまいといえます。

レシーブが苦手だと、当然ですが失点が増えてしまいます。

レシーブが苦手な選手は 状況に応じた判断ができない
レシーブが苦手な選手、攻撃につなげる前に簡単に失点してしまいます。
 
一発で決められてしまう選手と、レシーブで3回以上しのげる選手。どちらが勝つ可能性が高いか、わかりますよね。
 
また、どんなレシーブを選択するかも大事です。余裕がなく必死に上げるだけではさらに打ち込まれる。気持ちが引いて差し込まれていたら、強く返せない。
 
状況に応じた選択ができているのか、自分のレシーブを振り返ってみましょう。

レシーブの具体的な打ち方については、「アカデミックバドミントン」や中西コーチのDVDを参考にして下さい。


中西洋介のアカデミック・バドミントン
※Amazonへリンクします


>>バドミントンシングルス勝つための必勝法と練習の極意<<
中西洋介・日本代表コーチに質問できる180日間のメールサポート付き(無料)です。
中西コーチの指導を受けて、練習法はもちろん上達のコツ、欠点の解消法、メンタル面などバドミントンに関する疑問や悩みを解決しましょう!