アーチェリーの初心者は20ポンドくらいの弓を使うことが多いですが、年代によって強さに違いがあります。
 
筋力や性別で個人差があるので「どれくらいの強さの弓を使うか」は一概には言えないのですが、ある程度の目安はあります。


 
日本体育大学の山本博教授が著書「基本から応用までアーチェリー上達のポイント50」で、使う弓のポンド数目安をまとめられています。
 

基本から応用までアーチェリー上達のポイント50
 
一部を抜粋して紹介します。

ポンド数の目安 学年別

弓のポンド数の学年別目安は以下のとおりです。
 
男子
中学生 20~35
高校生 35~40
大学生 35~45
 
女子
中学生 15~30
高校生 30~35
大学生 30~40
 
適正なポンド数の目安は、40秒以上ホールディングできるかどうかです。
 
40秒以上キープできれば、30秒以下にならない強さまでポンドアップできます。
 
ポンドアップする場合は2ポンド刻みで上げていくのがオススメです。
 
ポンドを上げる際には、フォームを崩さない強さにするのが何よりも大事です。
 
一気に上げるとフォームを崩しがちになります。あせらず、着実に少しずつポンドアップしていきましょう。

  • アーチェリー上達革命(DVD2枚組)

    慶応義塾大学洋弓部の佐藤達也元監督に質問できる180日間のメールサポート付き(無料)です。
  • 三種類のスタンスの特徴と背中・胸の面 全身を安定させるために重要なこと
  • 取りかけ・グリップ 指での持ち方・押し方 最も注意すべきこととは
  • セットアップ サイトの合わせ方やドローイングの肩の詰まり解消法
  • アンカーリング・矢筋が通るホールディング 弦サイトのやり方
  • リリースのコツと練習法 メンタルのトレーニング
    など、練習法はもちろん欠点の解消法も収録されています。
    >>詳細はこちらから