バドミントンのフォアハンドで最も広く採用されているのは、イースタングリップです。
 
これで実績を残している選手は多いですし、本人が特に不満・不便を感じていなければ、何も問題ありません。
 
しかし、もしもラケットワークに改善の余地を感じているなら、藤本ホセマリコーチの「4本指グリップ」を試してみてはいかがでしょうか。
 
雑誌バドミントンマガジン 2015年 12 月号に、このグリップの解説記事がありました。
以下にポイントをまとめて紹介します。
 

藤本コーチは、グリップについてこのようにお考えです。
 
「皆さんが最初に教わるイースタングリップは、決して間違いではありません。しかし、イースタンだと親指を意識しすぎる傾向にあり、これがグリップの可動域を狭くしている原因と私は考えます。
 
親指より4本の指を使いこなせるほうが、ラケットワークの幅が広がります」
 
 
藤本コーチが提唱する「4本指グリップ」のポイント・特徴は以下のとおりです。

・一般的なイースタングリップから親指を外し、構えから面を作るまでは4本の指のみで握る インパクトの直前まで親指は意識しない
 
・手が小さくて4本指で握り辛い場合は、親指を軽く添える(強く握るのはダメ)
 
・親指を強く握りこんでいないため、グリップを動かす範囲が広がり、あらゆる球に対応しやすくなる
 
・スイング時に面がブレにくく、ショットが安定しやすい
 
・慣れないうちは難しいが、指の力(握力)を鍛えると手の中でスムーズに動かせるようになる

この握りを活かすために、ラケットのグリップは4本指でしっかり握れる太さに調整します。
 
その後実際に4本指でグリップしてみましょう。ラケット面を顔に正対させたままで前後に動かし、可動範囲を確認します。
 
握る4本指を鍛えるには、4本指でグリップしたまま手を広げる・閉じるを繰り返します。(インドネシアの選手は練習の合間などにこの方法で4本指を鍛えているそうです)
 
実戦では、打つショットに応じて握りを少し変化させます。
 
次のページで紹介します。
 
藤本ホセマリコーチ推薦のDVDです!(推薦文あり)
 ↓ ↓ ↓
バドミントンシングルス勝つための必勝法と練習の極意
【日本代表コーチ 中西洋介 指導・監修】


強豪・埼玉栄の練習メニュー!
バドミントン上達のために必要なトレーニング法DVD
↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓
bad-joutatsukakumei-1
バドミントン上達革命 トップ選手になりたい中・高校生へ
埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹監修
 
参考映像 or 画像や実践者の体験談もあります!
↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓
奈良岡監督が実演!浪岡ジュニア式 バドミントン・ジュニア選手育成プログラム
埼玉栄・山田秀樹コーチ監修 バドミントン上達革命
有田浩史の“ゼロから始める!バドミントン上達テクニック” ~初心者が3カ月で劇的に変化する9つの基本フォーム練習法~
木村和美の“バドミントンゲーム戦術” ~地域大会で勝つためのサーブとローテーション~
簡単バドミントン上達法