功大選手の場合、サービスレシーブで構えている時は相手の全体を見て、前のラリーはこうだったから今度はこっちかな?といったコース予測をします。
 
調子がいい時は「相手のサービスが全部わかって、プッシュしたりフェイントかけたり、バンバンできます」。
 
相手の出方を読むカンが冴えて、レシーブがそのまま攻撃につながるイメージでしょうか。
 


とはいえサービスレシーブでも、基本となる意識は”入れる”です。
 
そのうえで、低いリターンに飛びついてくる相手には高く、あるいは逆を突くなどして次のショットにつなげます。
 
奈良岡監督から教わった、シャトルを切るように打つリバースレシーブも功大選手は多用します。
 
教わったやり方をアレンジ・進化させて自分のものにしているのです。
 
レシーブに限らず功大選手は、他選手のプレーを見て真似し、自分のものとして消化することは日常的に意識していますす。
 

 
功大選手が苦手なのは、シャトルがクルッと一回転して入ってくるサービスです。
 
ネットを巻いて入ってくる球自体が厄介ですし、それを警戒していると速いロングサービスに対応が遅れることがあるからです。
 
フォルトじゃないか?と思えるのもありますが、このタイプのサービスを上手く打ってくる選手はいます。
 
相手選手からすれば、功大選手を攻略するカギはこのサービスにあるのかもしれません。
 
(「バドミントンマガジン」2017年2月号27ページを参考にしました)
 
>>バドミントン・ジュニア選手育成プログラム 奈良岡浩監督の指導法<<
 
バドミントン奈良岡功大選手のサーブ 狙いどころや考え


バドミントンヘアピン 功大選手 得意技であり原点 狙いは

浪岡ジュニアバドミントンクラブ練習法DVD