バドミントンのノック練習は一般的に行われていますが、その目的や意識は明確でしょうか?

日本代表を指導する中西洋介コーチが、自身の著書「アカデミックバドミントン」で、ノック練習の意味や持つべき意識を解説されています。
 
また中西コーチが考える、ノックの時間(秒数)設定や本数についても言及されています。
 
「アカデミックバドミントン」108ページを参考にしています。

ノック練習の意味や本数・時間設定

ノックの目的

選手の苦手を克服させる
ノックは、「これをマスターしたい」というピンポイントな課題を、数をこなすことでクリアする練習方法です。
 
ノッカーは「これが苦手なんじゃないか」と選手の課題を見抜き、克服するためのノックを出すことが求められます。
 
そして、ノック練習の大事な目的の一つが、フィジカルを鍛えること。体に負担を与えるために、実際の試合では正解といえない動きを取り入れたメニューもあります。
 
たとえば111ページの「X字ノック」は、クロススマッシュをストレートのネット前に返されます。
 
苦しい状況のなかで、「フィジカルを鍛えているんだな」という目的をわかっていれば、意味のある練習になるのです。

ノックの本数や時間

ノックは”時間”で考える
ノックの単位を、私はだいたい「秒」で設定します。
 
一回30秒を選手二人で回して30セット。あるいは、20秒を二人で回して40~60セット、という具合です。
 
この秒数には意味があります。
 
男子シングルスのラリーを計測したところ、一回10~20秒。21点×2ゲームで42点として、相手の点数も含めて全部で50~60点。20秒×60セットが一番試合に近い形であり、さらに強度を上げるため、ブラス10秒して30秒というわけです。
 
ただし、同じメニューを延々と60セット続けるのではなく、高さやコースを変えて、10セットずつ積み重ねることもあります。選手の様子を見ながらやる気をキープさせるのも、ノッカーの役割です。

中西コーチの「アカデミックバドミントン」やDVD(下参照)には、ノックの練習メニューも解説されています。参考にしてみて下さい。


中西洋介のアカデミック・バドミントン
※Amazonへリンクします


バドミントンシングルス勝つための必勝法と練習の極意(DVD2枚組)
日本代表選手が実践する練習メニューがわかる!




中西洋介・日本代表コーチに質問できる180日間のメールサポート付き(無料)です。
・初心者に多いフットワークのNGと自然な改善法
・フェイントが下手な人の共通点と改善方法
・ウエスタングリップに切り替えたほうが有利な場面とは?
・安定感のあるショットを打つための体の使い方
・うまいプッシュを打つ選手が意識していること
・前後に素早く動くためのフットワーク練習 ポイントは2つ
・ホームポジションからの移動はまずどのように足を出す?
・相手を崩しやすくするための攻め方と練習方法
・日本代表選手が最も多く行っている練習とは?その理由とやり方
など国内トップ選手を育てるための練習内容が多数収録されています。
>>詳細はこちらから