テニス上達DVD 錦織圭選手を育てたゲイブ・ハラミロコーチの指導 練習プログラム

「メイキング・チャンピオンズ」は、錦織圭、シャラポワ、セレス、アガシ、クーリエといったトップ選手を育てた、ゲイブ・ハラミロコーチによるテニス上達法・練習法のポイント、トレーニングメニューをまとめたDVDです。
 
テニス技術、テクニック向上・ショット力強化を願うテニスプレーヤーは必見の映像教材です。
 
ゲイブ・ハラミロの「Making Champions」 Vol.1 フォアハンド&Vol.2 両手打ちバックハンド サンプル映像あり
 

収録内容の一部を紹介します。
 
1 グリップ
・グリップを厚く握るか、薄く握るか?正しいグリップなのか?といった疑問を解決する
・握り方を変えるだけで、高く弾ませるボールが打てる
・トッププロの握り方
 
gabe-1
 
 
2 構え(アスレテッィク・ファンデーション)
・これだけのコツで、初動がスムーズに、一歩目の反応が速くなる これまで拾えなかったボールにも対応できるようになる
 
・最も速く動ける身体の状態とは
・正しい構え、型、重心の位置
・正しいパワーポジションとは
 
gabe-2
 
 
3 フットワーク(アジャストメント・ステップ)
・ゲイブコーチの「アジャストメント・ステップ」で打点のバラつきを抑え、ストロークを安定させる
 
・近すぎ・遠すぎのミスを減らし、スピンを安定してかけるには
 
・「フットワークが悪い!」「足を動かして!」と指摘されたら、具体的に何を改善すればいいのか
・プロの足の使い方を詳細に解説
 
gabe-3
 
 
4 ボールとの距離感(スペーシング)
・空間コントロールを習得し、毎回同じ打点に入る簡単なコツ・身体の使い方
 
・距離感を正確にする方法
・こうすればストリングスの中心で正確にボールをとらえられる
 
gabe-4
 
 
5 体幹部のひねり(ローデイング)
・筋力が弱くても、強力なパワーショットを生みだす「腰のひねり」
 
・ただし、横を向いて打つような旧式なテイクバックは使わない
・プロが行う「パワーを蓄積するボディターン」を詳しく実演・解説
 
・テイクバックでエネルギーを最大限に蓄積し、パワーボールを生みだす身体のひねり方
・肩と左手はこう動かす
 
gabe-5
 
ゲイブ・ハラミロの「Making Champions」 Vol.1 フォアハンド&Vol.2 両手打ちバックハンド
 
 
6 バックスイング
・非力でも最速級のスイングスピードを出す秘訣
 
・大きすぎ・遅すぎなど、テイクバック悩み・疑問を解決する
・バックスイングはいつ始めるのか
 
・「大きくバックスイングすれば、パワーが得られる」わけではない
・プロのプレーでは、男子と女子でバックスイングが違う理由
 
gabe-6
 
 
7 スタンス
・プロが使う三つのスタンス
 
・状況に応じて、適切な位置・スタンスを使い分けて今よりもスムーズに動こう
・プロのオープンスタンスが良いのか?
 
・速いボール、高く弾むボールなど、ボール別に使うべきスタンス
 
・踏み込むのはどちらの足?テイクバックとステップインは同時にやるべき?といった疑問に答える
・スタンスをセットするのはいつか
 
gabe-7
 
 
8 狙いを定める(ロックイン)
・ボールコントロールに最も重要な「狙いを定める技術」を習得する
 
・テイクバックからフォワードスイングの過程ではラケットはどのように移動すべきか
・スイング中の腕や手首の形
・「下から上へ」と言われるスピン 具体的にはこの動作を
 
gabe-8
 
 
9 スイング中の、腕とラケットの形(レバレッジ)
・意外と知られていない、強打の決め手「ボールを打つ際の腕の角度」
 
・このテクニックを習得すれば、筋力がなくても「ボールを潰す」ほどのパワーを得られる
・手首は曲げる?腕は伸ばす?
 
・プロのようなスピンを打つための腕・ラケットの動き
・ボールにパワーを与えるためにはラケットをこう加速させる
 
gabe-9
 
 
10 フォワードスイング
・これがプロが実践する「肩と体幹とラケットを一緒に回し始める」方法
 
・腰と肩を回すタイミング
・スイングを加速するための身体の使い方
 
・プロのスイングはラケットが遅れて出てくるように見える その理由とは
・「身体が開いている」と指摘される でも、プロも同じように見える 何が違うのか?
 
gabe-10
 
ゲイブ・ハラミロの「Making Champions」 Vol.1 フォアハンド&Vol.2 両手打ちバックハンド
 
 
11 打点(コンタクトポイント)
・プロのように強い回転をかける秘訣を公開
 
・「腕、グリップ、ラケットの一体化」を実感できる打点を習得しよう
・最もパワーの出る打点を解説
 
・打点改善のためにはぜひ知っておきたい 打点がずれて、パワーロスしているかどうか?を確認する方法
 
gabe-11
 
 
12 プロネーション
 
・ゲイブコーチのテクニックを実践する上で、最も重要な「プロネーション」 これを身につければ、あなたのスイングは大きく進化する
 
・プロネーションを習得すれば、驚くほどスムーズにスピンをかけられ、ボールコントロールも簡単になる
・押し出すか振りぬくか インパクト後のラケットの動きは?疑問を解決
・スピンはどこでかける?前腕の動きを解説
 
gabe-12
 
 
13 フォロースルー
・プロのように「脱力したフォロースルー」を身につける
 
・プロ選手のフィニッシュは面が外を向いているのはなぜか
・昔は高かったフィニッシュ 今は低いのはなぜか
 
・グリップによってフィニッシュは違うのか?詳しく解説
 
gabe-13
 
 
14 打ち終わりの形(フィニッシュ)
・これまでほとんど語られていない、フィニッシュに関する意外な事実
 
・誰かから「そのフィニッシュは良くない」と指摘された 実はその指摘が間違っているかも?
・プロのフィニッシュが個性的な理由
・最終的に、ラケット面はどうなっているべきなのか
 
gabe-14
 
 
15 作用、反作用(アクション・リアクション)
・プロのように素早く次の動作に移るためのトレーニング
 
・作用・反作用を利用した、高度な着地後の動き
・ボールを打った後、何を意識すれば次の動作が速くなるのか?
 
・体幹のパワーを最大限に使ったことがわかる打ち終わりとは
・プロが行うジャンプ動作は真似すべきなのか?
 
gabe-15
 
ゲイブ・ハラミロの「Making Champions」 Vol.1 フォアハンド&Vol.2 両手打ちバックハンド
 
 
16 打った後の、足の動き(リカバリーステップ)
・次のボールに最速で対応するためのクロスオーバーステップを習得する
 
・リカバリーが速くなるステップワークとは
・理想的な足の動かし方をスロー映像で紹介
 
・打った後のプロの足の動きを詳しく解説
 
gabe-16
 
 
これらに加え、以下の練習法も収録しています。
■両手バックハンドの16ステップ
■日本限定特別収録 片手バックハンドの6ステップ
 
 
現代テニスのストロークを、超一流の指導で身につけたいテニスプレーヤーは必見のDVDです。
 
 
ゲイブ・ハラミロの「Making Champions」 Vol.1 フォアハンド&Vol.2 両手打ちバックハンド
※サンプル映像もあります
gabe-last


フォアハンド強化に特化した教材
フォアハンドストロークレベルアップのためのポイント、トレーニング、練習メニューを収録したDVDです。
↓ ↓ クリック ↓ ↓
tennis-forehand-last
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編
 
実践者の体験談 or 参考動画・画像あります!
↓ ↓ クリック ↓ ↓
神谷流テニス最速上達法
失敗しようがないテニス上達法
シングルスで勝てない悪循環を断ち切る方法
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編
錦織圭を育てた ゲイブ・ハラミロの「Making Champions」Vol.1&Vol.2
テニス・ジュニア選手育成プログラム 倉林愛一郎監修

コメントを残す