杉山愛さんの幼少期 いろんなスポーツ・運動を経験

プロテニスプレーヤーとして活躍した杉山愛さんは、幼少期にあらゆる遊び・スポーツで体を動かしていました。
 
 
杉山さんの実家は茅ヶ崎にあり、海まで5分ほどの住宅街にある一軒家でした。
 
道路で近所の子供達とドッジボールや野球をし、自転車を補助輪なしで乗る練習もして、夏になると毎日のように海やプールで泳いだそうです。
 

勝負をこえた生き方~WOWOWコラム「愛’s EYE」~
勝負をこえた生き方  ~WOWOWコラム「愛’s EYE」~ (TWJ books)
 
とにかく体を動かすのが大好きだったので、幼稚園からテニスの他にクラシックバレエやフィギュアスケート、体操教室にも通っていました。
 
いろいろ経験したスポーツの中でもテニスが一番楽しかったので、小学2年生からは本格的に習い始めます。
 
藤沢市善行にアメリカのテニス・アカデミーが開校し、週に5~6回通うようになります。
 
放課後3~4時間テニスをすると帰宅は夜の8~9時になります。
杉山さんいわく「ボールを打つときの感覚が楽しくてテニスに夢中」でした。
 
練習中は一時もじっとしていられないほど走らされましたが、辛いとか、レッスンに行きたくないとかは一度も考えませんでした。
 
お母さんはじめ家族のサポートもあり、「もっと練習してうまくなりたかった」そうです。
 
 
ちなみに、杉山さんのお母さんは学生時代はスキー部だったため、冬になると杉山さんはお母さんからスキーを習い、「ガンガン滑っていた」のだとか。
 
 
中学になるとテニスと勉強の両立が大変でしたが、周囲のサポートと杉山さん自身の努力で乗り切ります。
 
コラボレーション―母と娘の世界挑戦
コラボレーション―母と娘の世界挑戦

高校生でプロへ転向

高校は、「テニスが思い切りできる環境」を選び、湘南工科大学付属校の体育コースに進みます。
高校へはマウンテンバイクで約20分の自転車通学です。
 
2クラス80人中に女子は10人、杉山さんによると、みんなサバサバしていて、すごく明るい子ばかりでした。
 
 
全員が何らかの競技でスポーツ推薦入学しており、全国大会出場など成績も残していました。クラスメートはお互いに叱咤激励する仲で、杉山さんの試合にも応援に来てくれたそうです。
 
 
杉山さんは17歳でプロに転向します。
 
当時は「高校を卒業してからプロに」という考え方が一般的でしたが、杉山さんは15歳でワールドジュニアランキング1位になっており、加えてプロ入りへ背中を押してくれるきっかけが2つありました。
 
次のページに続きます。


杉山愛選手の数少ない公認コーチ、新井湯太加コーチのテニス上達教材DVDです。
 ↓ ↓ ↓
新井流フルスイングテニス塾 スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー
 

コメントを残す