雑誌「週刊ポスト」に、「スポーツ史上最驚の”大逆転・大番狂わせ”」という特集がありました。
 
その中に、2004年12月9日に行われた、アメリカNBAヒューストン・ロケッツ対サンアントニオ・スパーズの記事があります。
 
 
この試合で、ロケッツのエース・マグレディ選手が神懸かり的大活躍を見せます。
 
以下に記事を抜粋して紹介します。

04年12月9日、王者・スパーヅを本拠地に迎えたロケッツは、残り1分で10点のビハインド。
 
そこから、ロケッツのエース、T・マグレディによるNBA史に残る”独壇場”が始まった。
 
なんと1人で「33秒間に13得点」。超人揃いのNBAで、後にも先にもない大記録だ。
 
ロケッツのボールになると、とにかくマグレディが3ポイントを打ち、それが落ちない。
 
スパーズの2メートル11センチセンター、T・ダンカンにファウルを受けながら放り投げたボールまでもが、リングに吸い込まれる。
 
「リングが、とても大きく見えたんだ」。本人はこの試合を後にそう振り返っている。
 
ちなみに、ロケッツの本拠地・トヨタセンターにはこの日、1万6千人が詰めかけていたが、試合終了時のスタンドに観客はまばら。
 
勝ちを諦めた多くのファンが試合終了前に会場を後にし、歴史的瞬間を見逃したのだ。
 
偉業を帰り道で知ったファンにとっては”悲劇”としても記憶されるゲームだ。

このコンテンツは雑誌週刊ポスト 2016年 11月18日号20ページより抜粋しました。


肩甲骨を使った高速パス!
古武術の動作をバスケに活かす!
得点力を数倍に跳ね上げる非常識なトレーニング法
↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓
kobujutsu-1
金田伸夫の古武術バスケ
得点力飛躍的アップ!オフェンスの章
 
サンプル映像・画像 or 実践者の体験談もあります!
↓ ↓ クリック ↓ ↓
東 英樹のバスケットボール上達革命 試合で得点が取れる選手になる方法
元JBLプレーヤー堀 英樹が指導バスケットボール・ドリブル上達革命
倉田伸司の「アーリーオフェンスマニュアル」考えて走るチーム造り
NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法