ラグビー日本代表・知念雄選手 異色の経歴とエピソード

東芝ブレイブルーパスの知念雄選手は、やや異色の経歴を持っています。
 
身長183cm、体重125kgと、恵まれた体格を持つとはいえ、ラグビーを始めてわずか2年で日本代表入りを果たしているのです。
 
週刊現代 2017年 5/20 号 [雑誌]
週刊現代 2017年 5/20 号 [雑誌]
 
以下にその経緯をまとめます。
 
(このコンテンツは雑誌「週刊現代」2017年5月20日140~141ページを参考に作成しました)

ハンマー投げ選手として実績を残す

2012年の秋までは、陸上ハンマー投げのトップ選手でした。
 
お父さんの信勝さんはかつて円盤投げの一流選手であり、地元那覇西高校の教諭を務めています。
 
同校に入学した知念選手は「父親とは24時間、365日一緒」にいて、投擲の技術を磨いたのです。
 
そして3年生でインターハイと団体を制覇し、順天堂大学に入学します。
 
 
大学では1年生、4年生とハンマー投げでインカレ優勝を果たし、順当にいけば実業団で競技を続けるか、教員を目指すつもりでした。
 
しかし大学4年で陸上競技の大会を全て終え、「ケガの心配をしなくてもよくなった」頃、ラグビー部から助っ人を頼まれます。
 

ひょんなことからラグビーへ

4部の試合で、場所は千葉工業大学グラウンド。
 
未経験者なので、プロップはスクラムが危険なため、ロックのポジションにつきました。
 
ラグビー部員からの指示はひとつだけ。
 
「ボールを持ったら、まっすぐいって下さい」
 
知念選手はまっすぐ行きましたが、「思いっきしノックオン」してしまいます。
 
それでも初戦でラグビーの楽しさのとりこになり、「本当に楽しかったです。正直、4部には、こんな大きな人間はいないので、どんどん前へ出られて」
 
 
陸上指導者となるべく大学院へ進みましたが、ラグビーの面白さにもどんどんはまっていきました。周囲も知念選手を「順天堂に未完の怪物あり」と注目するようになっていきます。
 
 
そして東芝の練習生を経て、知念選手は2015年にブレイブルーパスに正式に入部します。
 
猛特訓が伝統の東芝で、朝7時からの朝練習、全体トレーニング後の個人鍛錬を怠らず、力をつけています。
 
 
デビュー戦は同年の12月、ホンダヒート戦でした。2017年4月の韓国戦では、体重や腕力に頼る相手のスクラムを「8人でまとまる」スキルで押し返し、80対10で快勝しています。
 
 
ラグビー選手としての”進展”があまりにも早いようですが、本人は「ラグビーを始めるとき、2019年のワールドカップ出場を意識していました」
 

陸上とラグビー どちらかを選ぶなら?

「陸上競技とラグビーのどちらを始めようかと迷っている子供がいたら、どちらを勧めますか?」との問いには
 
「あー。ラグビーですかね」
 
その理由とラグビーの魅力を説明するなら
 
「いくら強く当たっても反則にならないんだよ。それに15人で規律を守る一体感がある」
 
なのだそうです。


元ラグビー日本代表・野澤武史氏の指導!
ラグビー全般の技術向上のための教材DVD
90日間でレベルアップしなかったら全額返金保証付きです。
紹介映像・実践者の体験談もあります!
↓ ↓ クリック ↓ ↓
rugby-joutatsu-kakumei-last
ラグビー上達革命 DVD2枚組
元・日本代表、現・慶應義塾大学ヘッドコーチ 野澤武史 監修 
 
※注目のラグビー上達法
ラグビー上達革命 元・日本代表 現・慶應義塾大学ヘッドコーチ 野澤武史 監修
ラグビー・キック上達革命~チームを勝利に導く正確無比なキックを習得する方法~【元・日本代表、現・日本代表コーチ 栗原徹 監修】DVD2枚組  

コメントを残す