スポーツ指導における理性と感情 練習に来ない選手に 月刊バレーボールより

月刊バレーボールの連載「バレーはメンタルで強くなる」に、「理性と感情は相反するものか?」という記事がありました。
 
理性と感情というと、「感情が高ぶって理性的な行動ができない」など、「あちらを立てればこちらが立たない」という、相反する存在としてしばしば取りざたされます。
 

勝つ部活動で健全な生徒を育てる―中学校女子バレーボール部東海連覇の指導法
勝つ部活動で健全な生徒を育てる―中学校女子バレーボール部東海連覇の指導法
 
思考が担う「理性的回路」に対して、感情は「非理性的回路」を担っています。
 

 
ここで例として、「練習をサボりがちなチームメイトへの対応の仕方」を挙げます。
 
理性的な対応としては、「練習を休みがちだけど、どうした?」と、相手の立場に立って質問する対応などがあります。これは「理性的回路」を経由した対応です。
 
 
対して、「何で練習に来ないんだ!」と言ってしまうと、これは感情的な対応で、非理性的回路を経由しています。
 
感情をコントロールする技術
感情をコントロールする技術
 
忘れてはいけないのは、この二つは違った経路を経ていても、「選手を練習に参加させる」という目的は共通していることです。
 
表現の仕方は違っていても、理性と感情が目指すところは同じなのです。
 
 
記事は、「大事な場面でこそ、一度立ち止まって理性的な対応を心がけたほうが得策であるといえます」と結ばれています。
 
確かに、スポーツにおいては、理性的な対応が効果的な場面のほうが多いのは間違いありません。管理人としてはこれに、「場合によっては感情的な対応もアリ」「理性と感情を混ぜた対応も選択肢に」の二つを補足したいと考えます。
 
 
状況と相手によって対応の仕方を変えるのです。
 
部活動指導スタートブック 怒鳴らずチームを強くする組織づくり入門
部活動指導スタートブック 怒鳴らずチームを強くする組織づくり入門
 
「練習しないのは残念だよ」「君は練習すれば上達する。その姿を見られるのはうれしい」など、感情メイン、あるいは理性+感情の対応が効果的な場面もあるはずです。
 
 
理性と感情を相反するもの、どちらかひとつだけと考えず、相手と場面に応じて使い分ける、あるいはミックスして使うことができれば最善ではないでしょうか。
 
月刊バレーボール2015年1月号114~115ページを参考にしました。
 
バレーボールは眞鍋に学べ!―全日本女子眞鍋政義監督初のテクニカルブック (日本文化出版ムック)
バレーボールは眞鍋に学べ!―全日本女子眞鍋政義監督初のテクニカルブック (日本文化出版ムック)


「全国レベルに引き上げる」独自の練習法を大公開!
トップジュニアを育て続ける工藤憲コーチが教えます。
一流を目指す選手が実践しているプログラム。
サンプル動画もあります!
↓ ↓ クリック ↓ ↓
juniorsenshu
バレーボール・ジュニア選手育成プログラム
ジュニア選手の潜在能力を伸ばすためのトレーニングメニュー
 
※注目のバレーボール上達法
バレーボール練習改革 弱くても勝てるチームの作り方 DVD2枚組
バレーボール上達ドリルVOL1+2 競技感覚を養うプレーヤー視点映像を収録

バレーボール・ジュニア選手育成プログラム 工藤憲コーチ限定公開ノウハウ
スパイク上達革命 ママさんバレー選手と小・中学生のスパイク習得プログラム
ママさんバレー上達革命【元・全日本女子バレー監督 葛和伸元 監修】DVD2枚組

進化型バレーボールコーチングオンラインクリニック 総集編DVD
進化型バレーボールコーチング オリジナルDVDvol1
進化型バレーボールコーチング オリジナルDVD no2,no3

コメントを残す