萩野公介選手がレース後すぐプールから上がる理由 乳酸を落として次のレースに

競泳日本代表の萩野公介選手は、記録を出したレース後もすぐにプールから上がることが多いようです。
 
この件について、雑誌「週刊文春」に記事がありました。連載「阿川佐和子のこの人に会いたい」で、萩野選手が阿川さんと対談していて、この理由が語られていたのです。
 
以下に記事を抜粋して紹介します。
 
阿川佐和子のこの人に会いたい (文春文庫)
阿川佐和子のこの人に会いたい (文春文庫)
 

阿川 レースが終わると、かなりいい順位でも、他の選手より早くプールから上がる傾向があるような気がしたんですけれど・・・
 
萩野 あれは、次の種目が控えてるからですね。自分は種目が多いので、一日のレース数も多くなるんです。結果に酔いしれてると次の種目に影響してしまうので、「もう行かなくちゃ」と。
 
阿川 じゃあ「やった!」ってしばらく勝者の気分に浸ったりってことはなさらない?
 
萩野 もう次のことを考えてますね。ヤバい、あと何分後には次のレースだ、って。すぐにサププールのほうに行って、クールダウンして、乳酸を落として、次のレースの準備をするんです。
 
阿川 忙しいんだ。じゃあ、「今日は金を獲ったなぁ」とか思うのは、夜になってから・・・。
 
萩野 いや、夜もないですね。
 
阿川 全然?
 
萩野 大体次の日もレースが詰まっているので(笑)。今度は次の日のことを考えます。
 
記事ここまで


萩野選手がすぐにプールから上がるのは、次のレースに備えるためだったのです。
 
それほど時間はとれないはずですが、そのわずかな時間のクールダウンが、萩野選手の好記録の一因であると言って間違いないでしょう。
 
次のページでは、萩野選手が意識している、メドレーにおける平泳ぎのコツについて紹介します。
 
このコンテンツは、雑誌週刊文春 2014年 12/4号139ページを参考にしました。


これが最新・理想的なストリームラインです!
研究者と元・五輪選手が生み出したプログラム
紹介動画・画像はこちらから
↓ ↓ クリック ↓ ↓
streamline-kaizenop
水泳ストリームライン改善プログラム
~理解して上達できる「姿勢」トレーニング~  
 
サンプル動画 or 実践者体験談あります!
↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓
水泳スタート&ターン泳法別攻略プログラム【世界水泳選手権大会リレーコーチ 村上二美也指導】
子供水泳・上達プログラム マイ・エス・スイミング国立スイミングコーチ監修
水泳スピードアップ・プログラム アテネ五輪代表 森隆弘 監修 DVD2枚組
水泳ストリームライン改善プログラム 理解して上達できる「姿勢」トレーニング サンプル動画あり
水泳ドライランドトレーニング~ケガをしないで速く泳げる身体の作り方~

コメントを残す