京都橘高サッカー部米澤監督指導法解説DVD ポゼッション練習メニュー内容など

「ゲームの主導権を握れ! ~京都橘のポゼッション~ ダッチビジョンを取り入れたトレーニング」 は、京都橘高等学校サッカー部 米澤一成監督の指導・練習法を収録したDVD(2枚組)です。
 
 
京都橘高等学校サッカー部 米澤一成監督指導・練習法DVD ダッチビジョンの実践
 

京都橘高等学校サッカー部は以下のように輝かしい成績を残しています。

2012年 全国高校サッカー選手権準優勝
2008年 全国高校サッカー選手権出場
2007年 全国高校総体出場

同部の米澤監督は「ボールを保持しているか否かの状況に関わらず、相手選手をコントロールする」という方針のもと、選手を指導しています。
 
この教材は「パス&コントロール」など、それぞれの内容が1枚のDVDに収められています。
 
各DVDの概要を紹介します
 
「パス&コントロール」 (46分)
・ウォームアップではステップワークをボールあり・なしの条件下で行う
 
・パス・コントロール練習では、完全フリー、相手が少しマークに来ている、完全にマークに来ているの三状況下に分け、選手自身が判断するための練習法を紹介
 
■ウォーミングアップ トライアングル形式でのパス&コントロール ヘキサゴン形式でのパス&コントロール シュートで完結するクロスボールを上げるパス&コントロール
 
サッカー パスとコンロール練習・指導法DVD
 
京都橘高等学校サッカー部 米澤一成監督指導・練習法DVD ダッチビジョンの実践
 
 
「ポゼッション」 (45分)
・状況が刻々と変わる実戦に近い環境で、効果の高いトレーニングができるよう工夫された練習法を実演・解説
 
・ポゼッション練習では、下のように状況を変えて、ボールの置き所、バスの質やタイミング、動きの質を重視した練習を行う
 
■ポゼッション 4対4+3・・・フリーマン多い状況
■ポゼッション 4対4+2・・・スペースが少し多くなる
■ポゼッション 5対5+2・・・相手がマンツーマンでボールを取りに来ている状況
■カルテッド
 
複数練習でのポゼッション サッカートレーニング法DVD
 
 
米澤一成監督の提唱する「ダッチビジョン」とは、攻撃と守備のいずれでもイニシアチブをとりつつゲームを進める、という考え方です。
 
例え相手がボールを持っていても、自チームのディフェンスの範疇内で相手選手をコントロールし、こちらがボールを奪った瞬間から攻撃に移れるシステム構築が最終目標です。
 
その目標を実現するための練習法・トレーニングメニューが詰まったDVDです。
 
 
京都橘高等学校サッカー部 米澤一成監督指導・練習法DVD ダッチビジョンの実践
サッカーの練習法解説・実演DVD


FIFA公認コーチによるブラジル式上達法
なぜ日本では、試合で使わないボールタッチやコントロールを覚えようとするのか?
たったひとつのシンプルな上達ルール「利き足の前にボールを置く」とは?
サンプル動画あります!
↓ ↓ クリック ↓ ↓
sodder-technich-koujou
檜垣裕志(ひがきゆうし)のサッカーテクニック向上メソッド
~トッププレイヤーになるための利き足のポイントテクニック~
 
参考動画 or 画像・実践者の体験談あります!
↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓
城彰二が指導者として培った実戦ノウハウ
早野宏史のサッカースーパープレイヤー育成DVD
わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾
檜垣裕志のサッカーテクニック向上メソッド
吉田康弘 『究極のパス上達理論』

コメントを残す