剣道指導者が竹ノ内佑也選手の強みを語っている記事が、雑誌「剣道時代」2015年1月号にありました。
 
ポイントを要約して以下にまとめます。

この記事は剣道時代 2015年01月号89ページを参考にしています。

剣道指導者が語る 竹ノ内佑也選手の特徴

佐藤成明範士
・勝負こだわって慎重になりがちな場面でも、腹を据えて攻めに行く
・若さもあって、捨てきって技を出す
・受けずに前に出るため足遣いなどにも注意し、常に前に出られる体勢を作っていた
 
香田郡秀教士八段
・「何か」を持っている選手(「何か」とは、例えば相手の動きを冷静に読む目、打突の好機をとらえる力、攻め込む力など)
・一緒に稽古していても「おっ」と思わせる攻めや打突がある
・打突の好機では、ためらわずに攻め込んで打てる
・基本もいい 足がしっかりしている
 
黒木貞光教士七段
・物怖じしない性格 それが剣道にも活かされている
 
鍋山隆弘教士七段
・勝負勘が鋭く、心が乱れない
・相手の動きに過度の対応をしないので心も浮きにくい
・「腹のすわり方」に天性のものがある これは鍛えようと思ってもそう簡単にはできない