硬式テニス サーブでありがちなミス テイクバックでのひじの位置など

テニス雑誌「スマッシュ」に、「サービスでありがちなミス30」という特集がありました。
 
このコンテンツではそのうちの3つを抜粋して紹介します。
 
スマッシュ 2016年 11 月号 [雑誌]
スマッシュ 2016年 11 月号 [雑誌]
 
このコンテンツは雑誌「スマッシュ」2016年11月号7~27ページを参考にしています。

サーブにおけるNG動作

ネット、オーバー、左右のズレなどさまざまなフォールトを引き起こす原因となる動作を以下にまとめます。
 
改善法も具体的に挙げています。

テイクバックで右ひじが落ちている

テイクバックで右ひじが落ちていると、手を低い位置から振り出すことになり、打点が低くなります。すると上向きの面でボールの下をとらえることになり、打ち上げてオーバーが頻発します。
 
インパクト時の右手は頭の上に高く出ていないと、ボールをしっかり押さえ込めません。そのためにはテイクバックで右ひじは両肩を結んだラインにキープする必要があります。「テイクバックでは左肩から右ひじまでを一直線にする」と意識すれば良いでしょう。
 
スイングでひじの位置を把握しにくい場合、「右手を耳の横か、少し上くらいに持って行く」と意識するのもおすすめです。

インパクトで腕が伸びきっている

「打点を高くするために腕は伸ばす」と教わるケースは多いですが、腕を伸ばしきってしまうとヘッドが走らず、ボールは飛びません。リラックスした範囲で伸ばすのがコツです。
 
伸ばすタイミングにも注意が必要です。ボールが当たる前に伸ばしきってしまうと、力をそれ以上加えるのが難しくなります。サービスの威力は、高い所で遠心力を利用して生まれるので、腕は柔らかく使うのが鉄則です。そのためには、
 
最初ひじは曲がって振られる

インパクトでは伸びる

インパクト後はまた曲がる

 
という腕の動きでヘッドを加速させましょう。
 
曲がって、伸びて、また曲がるのが正しい動きです。
 
連続写真が教えてくれる テニス基本&応用スイング
連続写真が教えてくれる テニス基本&応用スイング (NSK MOOK)

耳をこするように腕を振っている

「耳をこするようにスイングする」もしばしば耳にする指導法です。
 
しかしこれは間違いで、腕が耳に近すぎると肩の関節が滑らかに動きません。ネットのフォールトが増えるだけでなく、肩関節のケガを招きかねません。
 
腕と頭の間は少し空けたほうが肩をスムーズに回せるのです。
 
このスイングでは打点が低くなってしまうイメージがありますが、肩のラインを左に傾けることで、ラケット(打点)の高さは確保できるので問題ありません。


子供を一流選手にするプログラム
ジュニア選手上達に必要な倉林コーチ独自の練習内容・トレーニングメニューが実演・解説されています。
メールサポートの特典付きです。
参考動画や実践者体験談あります!
↓ ↓ クリック ↓ ↓
juniorsenshu-ikusei-last
テニス・ジュニア選手育成プログラム
【ミナミグリーンテニスクラブ代表 倉林愛一郎監修】
 
新井流フルスイングテニス塾
攻撃力がアップするフォアハンド・両手打ちバック編
スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー
ボールを叩きこむ!実戦ワイパースイング フォアハンド編
「ワイパースイングZERO」フォアハンド編
確率&スピードを自在に操る回転系サービス

コメントを残す