ラグビー ベリック・バーンズ選手「パスの鉄則」三つ

ラグビーマガジン2018年1月号に、ベリック・バーンズ選手のパス講座特集がありました。
 
バーンズ選手はパナソニックの司令塔にして、オーストラリア代表でもあります。
 
バーンズ選手はキャッチングの重要性を強調していて、
 
「どんなに放るのが上手になっても、キャッチがうまくなければゲームでは何の役にも立たない」
 
と語っています。
 
ラグビーマガジン 2018年 01 月号
ラグビーマガジン 2018年 01 月号
 

キャッチ上達のためには練習を重ねるしかなく、「ボールを体の一部」にするほどボールを触る習慣をつけるよう勧めています。
 
バーンズ選手は少年時代、一日中ボールを触っていました。電車での通学時も、寝るときも、時には学校の教室でもボールを放さなかったそうです。
 
「ラグビーマガジン」の記事を参考に、バーンズ選手の「パスの鉄則」をまとめます。

パスの鉄則三つ

バーンズ選手が考える、パスにおける三つの鉄則でも、キャッチの重要性が強調されています。
 
1 アーリーキャッチ:遠くで取る
アーリーキャッチは、バーンズ選手がパスにおいて最も強調するポイントです。
 
ボールの方向へ手を差し出して体から遠いところで早くボールをつかめば、ディフェンスとの間に余裕が生まれ、判断もバスも正確になるからです。パスを受ける味方にも余裕を与えます。
 
これはチーム全体の判断とプレーの質を上げることにもつながります。
 
2 スクエアヒップでヘソは正面に
お尻、骨盤はいつでも真っ直ぐゴールライン方向へ向けておきます。
 
ボールに向きすぎると外へのパスが難しくなります。逆に外へ向くと流れてしまいます。
 
3 ターゲット(フォロースルー)
ボールを腕全体で送り込みます。
 
フォロースルーまではボールは両手で持っておきます。バーンズ選手は
 
「両手で持っていれば何でもできます。それだけで相手チームはいろいろ考えなければならなくなる。特に9番と10番はいつでも両手で持つべきだと思います」
 
と語っています。
 
元ラグビー日本代表・野澤武史氏の指導!
ラグビー全般の技術向上のための教材DVD
90日間でレベルアップしなかったら全額返金保証付きです。
紹介映像・実践者の体験談もあります!
↓ ↓ クリック ↓ ↓
rugby-joutatsu-kakumei-last
ラグビー上達革命 DVD2枚組
元・日本代表、現・慶應義塾大学ヘッドコーチ 野澤武史 監修


※注目のラグビー上達法
ラグビー上達革命 元・日本代表 現・慶應義塾大学ヘッドコーチ 野澤武史 監修
ラグビー・キック上達革命~チームを勝利に導く正確無比なキックを習得する方法~【元・日本代表、現・日本代表コーチ 栗原徹 監修】DVD2枚組

コメントを残す