テニス雑誌「スマッシュ」に、「サービスでありがちなミス30」という特集がありました。
 
このコンテンツでは、そのうちのトスを安定させるポイント3つを抜粋して紹介します。

ちょっとしたコツですが、大きな違いを生むので参考にして下さい。
 
(雑誌スマッシュ 2016年11月号7~27ページを参考にしています)

トスを上げ始めるスタート地点が高い

肩の高さより少し下など、トスのスタート位置が高いと、ボールを放すまでの距離が短いので、余計な力が入ってトスが安定しなくなります。
 
もっと低い、股関節あたりからスタートすれば、”助走”距離が十分とれるので、力を入れなくても楽にトスできます。

ボールを放す位置が低すぎる(もしくは高すぎる)

リリースが低すぎると打点までの距離が遠くなり、コントロールがバラつきます。逆に高すぎると、ボールが背中側に流れやすくなります。
 
理想のリリースポイントは、目線から頭の高さまでとされています。
 
この間でリリースできれば、ボールはまっすぐ上に上がります。自分がどこで放しているかわかりにくい場合は、誰かにサーブ動作を動画で撮影してもらってチェックしましょう。

トスの際にボールを手の平に乗せて掴んでいる

手の平でボールを掴むように持つと、放す際に指がひっかかって安定しなくなります。ボール手の平ではなく、指の上に乗せましょう。
 
人差し指から小指までの4本の指にボールを乗せ、親指は軽く添えるだけ、あるいはこの握り方をタテにした、コップを握る形がおすすめです。

テニス・ジュニア選手育成プログラム
倉林愛一郎コーチに質問できるメールサポートの特典付きです。