アスリートは、記録更新を意識するあまり、場合によっては限界を超えて自身の肉体を追い込みます。
 
特に女子選手は過酷なトレーニングの結果、女性特有の様々な健康障害を起こすことがあります。
 
雑誌週刊新潮2015年11/26号に、「美談ですまない『女性アスリート』過酷の日々」という特集がありました。
 
ノンフィクションライター・歌代幸子さんの記事で、「勝つ」ために身体を削る女性アスリートの実態が描かれています。
 
以下に一部抜粋して紹介します。

まずは、元陸上選手で現在スポーツライター・レース解説者の増田明美さんの現役時代のエピソードから。
 
1992年1月の大阪国際女子マラソン。現役最後に臨んだレース当日、晴れやかな笑顔でスタートを切った。だが、走り始めてまもなく、足が着地する度に痛みを覚える。
 
先頭集団についていこうと思っても、5キロの制限時間もギリギリ通過。このまま完走できるだろうか・・・と不安な思いで走っていると、痛みはだんだん増していく。
 
競技場ではアウトコースにシクラメンを飾り、”花道”で迎えようと観衆が待っていた。それでもゴールは叶わず、ついに15キロで制限時間を超えてしまう。
 
「どうしても最後まで走りたい!」と必死に頼んだものの、レースを中断された。
 
「翌日、病院でレントゲン検査を受けると、右足首の疲労骨折だと診断されました。その数日後、MRIの検査では脚に7ヶ所の疲労骨折があると。骨密度は65歳の女性並みと言われ、ショックを受けたのです」
 
過酷な競技生活の中で、増田さんの身体はポロポロだった。
 
「高校時代は監督の家に下宿し、毎日30キロ近く走り込みました。3千、5千メートルは体重が少ない方が速くなるといわれ、チーズの枚数も気にして食べるほど減量に徹していました」
 
小柄な身体で体重は38キロまで落ちた。19歳で出場した大阪女子マラソンのレースは路上で倒れ、栄養失調による貧血と診断された。
 
「2年半ほどは月経が止まり、体脂肪率も8%と極度に低かった。でも”生理なんて来ない方が楽”と治療も受けなかったのです」
 
こうして挑んだ「晴れの舞台」、ロサンゼルス五輪では途中棄権に終わった。
 
「競技者としての重圧やケガの不安、人間関係のストレスもあったと思います。あの頃は”死にたい”と思い詰めていました・・・」
 
次のページでは、フィギュアスケーターの鈴木明子さんのエピソードを紹介します。