「バレーボール上達ドリル VOL.1 レシーブ編」は、バレーボールのレシーブテクニック向上に特化した映像教材DVDです

アンダーパスをちゃんと習得したい レシーブを安定させたい アンダーかオーバーか判断が遅れる ボールに間に合わない 「腕を振らない」が理解できない 横や後ろにはじいてしまう セッターを超えて返球してしまう 正面以外のレシーブもきれいに返球したい パスの距離を伸ばしたい 飛びつくのをやめたい ひとりの練習でも上手くなる方法を知りたい

といった悩みを持つ選手・指導者を対象に、東京バレーボールアカデミーの斉藤 利代表監修により作製されています。
 
レシーブが上手くなるコツ・ポイントが動画で確認できます。
 
receivehen-op
バレーボール上達ドリル VOL.1 レシーブ編

収録内容の概要を紹介します。
 
STEP1 アンダーハンドパス習得
・バレーボールにおけるレシーブの役割を再認識する
・そのうえで普段のパスやレシーブ練習に取り組む
receivehen-dodai-underhandpass
 
・パス練習の段階からスパイク・サーブレシーブの練習が始まっている
・パスは単純に「続けられれば良い」というわけではない
receivehen-tsuyoispike
 
・よくいわれる「アンダーパスでは腕を振らない」という意識では、上達が遅れることもある
・もっとわかりやすい、楽な意識で習得を早める
receivehen-underhand-kamae
 
・全てのレシープの基礎となるアンダーハンドパスの習得を図る
 
STEP2 スパイクレシーブ習得に向けて
・新入生が経験する「ボール拾い」から練習は始まっている?やり方を工夫してみよう
・順を追って、安定したレシーブを身につける
receivehen-ballhiroi
 
・目を慣らし、動作にも慣れることで落ち着いたプレーが可能になる
・さらに高度な技術取得のため、スパイクレシーブの基礎・土台をしっかり固める
 
STEP3 サーブレシーブ習得にむけて
・セッター以外のポジションではプレイ機会の多いサーブレシーブ
・スパイクよりも多彩な種類のボールが飛んでくるサーブにどう対処し、レシーブするか
 
・サーブレシーブを確実にセッターに返し、攻撃につなげるために
 
・プレッシャーもかかるサーブレシーブで落ち着くための練習法
 
STEP4 失敗する例と克服方法
■返球がバラバラになり、精度が悪い
■後ろや下にレシーブしてしまう
 
■前のボールに反応できない・取る位置がわからない
■足が先に出てしまう
receivehen-koumoku
 
・失敗の原因と克服法を実演・解説
・長年悩まされてきた課題が、些細なアドバイスで解決することも
・個人指導実績のべ人数1万人の斉藤コーチが実例を挙げて解説
receivehen-underhand-kamaeshidou
 
■質問60日間無料
■ストレッチ動画プレゼント
■1ポイントレッスン資料無料
■お試しレッスン無料
 
以上の特典つきです。
※特典は予告なく終了することがあります。
 
バレーボール上達ドリル VOL.1 レシーブ編
receivehen-last