鏑木毅氏 体脂肪をエネルギーにできる体質に変えるには カーボローディングも不要

近年は市民ランナーも増え、マラソンやトライアスロンに挑戦する人は珍しくありません。
 
エネルギーを貯蔵するための食事法「カーボローディング」も広く知られるようになりました。
 
レース前に炭水化物をたくさん摂取して、走るための「燃料」を溜める食事ですね。
 
しかし、トレイルランの第一人者、鏑木毅氏は「カーボローディングは全くしない」そうです。
 


 
鏑木氏が参加するのは100マイル(約160km)もの山道を駆け抜ける過酷なレースであり、莫大なエネルギーを必要とします。
 
にもかかわらず「カーボローディングはしない」とはどういうことでしょうか?
 
結論からいうと、鏑木氏は体脂肪をエネルギーとして走れる体質なのです。そして訓練によっては、こうした体質に変わることも可能なのだとか。
 
Number Do Early Summer 太らない生活2013
Sports Graphic Number Do Early Summer 2013 太らない生活2013 (Number PLUS)
 
雑誌「Number Do」2013年Early Summer号に、この件についての記事がありました。
以下に紹介します。
(太字は管理人によるものです)

僕のやっている100マイルレースは、20時間以上も体を動かし続けるので、体脂肪の使い方が鍵になる。体脂肪を燃やしやすい体にすることをつねに意識してます。
 
エネルギー源には大きく分けて糖エネルギーと体脂肪の2つがあります。
 
口にした炭水化物から生みだされる糖エネルギーは、短時間で大きなパワーを生みだすけど、すぐに枯渇してしまう。
 
それにくらべて体脂肪は、ほとんど無尽蔵と言ってもいいくらいに体に蓄えられています。

Number Do Spring 2013 フルマラソン100人のマイ・ルール
Sports Graphic Number Do Spring 2013 フルマラソン100人のマイ・ルール (Number PLUS)

(中略)これは一般の人にはあまり勧められないんだけど、僕たちプロは体脂肪が燃えやすい体を作りあげるために、わざと朝食を控えたり、食事で糖質を抜いて練習することもあります。
 
朝から晩まで山の中を走って、途中で空腹を満たすのはコンビニで買う豆腐や納豆。その場で箸をもらって、駐車場の片隅で食べたりして(笑)。
 
ずっと走っていると体表面の体脂肪さえも使いこんできているのがわかって、皮膚の肉をつまもうとしてもパツンパツンになってつまめない。
 
腕や足の表面にも気持ち悪いくらいに血管が浮き出て、見た目にもわかるんです。

Sports Graphic Number Do EXTRA トレイルランニングレース名鑑
Sports Graphic Number Do EXTRA トレイルランニング レース名鑑 (文春e-book)

普通だったら1時間もすると「もう走りたくない」ってなるんだけど、体脂肪をエネルギーとして使えるようになると最大心拍の7割ほどのペースで延々と走れる。
 
だからレース前にカーボローディングなんてまったくしません。あれは体内に糖エネルギーをため込むのですが、せいぜい2000から2500キロカロリー。2、3時間を超える運動だとすぐに消費してしまって意味がない。
 
脂肪1kgは1万キロカロリーなので、どんなに体脂肪率の低い人でも100マイルを走り切るのに何の問題もないわけです。
 
そもそも人間には長時間に渡って動き続ける能力が備わっていて、「BORN TO RUN 走るために生まれた」という本にも書かれてますが、昔はそうした能力のおかげで瞬発力ではかなわない獲物を仕留めることができた。
 
何時間も追い続けて、獲物が疲れたところを武器で仕留めるという、本来持っている持久力を目覚めさせることができれば、20時間以上走り続けることだってフツーの感覚でできちゃうんです。
 
Number Do Early Summer 太らない生活2013 22~23ページより)

この記事を参考にすれば「2~3時間以内の運動であればカーボローディングでも対応可能」と言えるわけですが、それを超える競技であれば体脂肪を使う必要があるかもしれません。
 
 
鏑木氏のように、100マイルのトレイルランレースに参加する人は少数だとしても、トライアスロンなどで(超)長時間使えるエネルギーを必要とする人は珍しくなくなりました。
 
そんな人は、鏑木氏のトレーニング法を参考にして体脂肪を使える体質への変化を目指してはいかがでしょうか。
 
マラソン・長距離走上達法教材・DVDまとめ
 
スポンサーリンク

コメントを残す