岐南工業高校レスリング部 藤田隆康監督 指導・練習法実演解説DVD タックル・投げ技など

「いまから始めるレスリング 初心者を全国へ導く岐南工業高校の練習法」は、岐南工業高校レスリング部 藤田隆康監督の指導内容・練習メニューを実演・解説したDVD教材です。
 
 
いまから始めるレスリング 初心者を全国へ導く岐南工業高校の練習法
 
ウォーミングアップに始まりブリッジ、タックル、投げ技、そしてスパーリングまで、レスリング全般にわたる内容を網羅しています。
 

この教材は「Disc1 ウォーミングアップ・技術練習Ⅰ」など、それぞれの内容が1枚のDVDに収められています。
 
DVDコンテンツの概要をまとめます。
 
 
Disc1 ウォーミングアップ・技術練習Ⅰ(66分)
■単調な準備運動ではなく、身体を温めるための工夫を加えたウォーミングアップ 
・ストレッチと組み合わせたランニング 
・スピードを落とさず動くリズム体操
・ジャンプステップのウォーミングアップ
 
・マットを使用したアップではできるだけ速く動く 大きく動く
アシカ エビ(ジャンプ) ワニ
(開脚)前・後転 (倒立)前・後転 (ロンダートからの)バク転 ハンドスプリング 側転 飛び込み前転 ハンドヘッド前転 倒立歩行
 
・ブリッジ運動
肩慣らし 前ブリッジ ハイブリッジ 差し・押し運動
 
■技術練習Ⅰ(スタンドレスリングとタックル)
・相手のタックルをかわすバックステップ
・組み手から相手を崩す技術
 
・片足・両足タックル(とその後の二次攻撃)
・持ち替えのタックル
 
ginan-wrestling-1-2
 
ginan-wrestling-1-1
 
岐南工業高校レスリング部 藤田隆康監督 練習・トレーニングメニュー
 
 
Disc2 技術練習Ⅱ・Ⅲ(60分)
藤田監督の信条は、「技術練習はまずゆっくりと正確に行う」です。技を習得してからスピードを上げていくという方針なのです。
正確さを追求するため、選手の間違っている部分を指摘し、修正点を細かく指導していく、藤田監督独自の方法を実演しています。
 
■技術練習Ⅱ(スタンドレスリングとタックル)
・タックルのディフェンス
バックに回る バックに回られないよう相手がブロックしてきたら そり返し クォーターネルソン 内またでフェイントをかける
 
・がぶり
左右の足首へのタックル がぶり返し
 
・がぶりのディフェンス
バックに回る 内・外無双
 

 
■技術練習Ⅲ(スタンドレスリングと投げ技)
・投げ技
首投げ クラッチを組んでからの首投げ さしてからの首投げ
一本背負い 腕取りから一本背負い 巻きの一本背負い 首に手をかけてからの一本背負い そりを使った一本背負い
前方・後方への飛行機投げ
そり投げ がぶりからのそり投げ
横すて身
 
ginan-wrestling-2-2
 
ginan-wrestling-2-1
 
岐南工業高校レスリング部 藤田隆康監督 練習・トレーニングメニュー
 
 
Disc3 技術練習Ⅳ・実戦練習(50分)
これまで身につけた技が試合で出せるよう、実戦形式の練習を行う。
藤田監督独自のこだわりをプラスした様々なスパーリングを解説
 
■技術練習Ⅳ(グラウンドレスリング)
・ローリング
腕を決めてフォールを狙う 相手が腰を切ってディフェンスしてきたら
 
・アンクルフォールド
相手の足を決めて逆の足をとる 決めた方の足を持つ
 
・またさき
またさき またさきからのボディプレス またさきからの地獄固め
 
・グラウンドのスパーリング
 
■実戦練習(スパーリング)
・崩し・タックル・がぶりを実戦形式で行う
・崩しから投げの実戦練習
・1分間のスパーリング
・スパーリング3分×3セット など
 
■13年間1人も退部者を出さなかった藤田監督の指導ノウハウを紹介
 
ginan-wrestling-3-1
 
ginan-wrestling-3-2
 
岐南工業の選手達は、高校に入ってからレスリングを始めた初心者ばかりでした。
 
それにも関わらず、インターハイ2位、3位(それぞれ平成24年度、26年度)と素晴らしい成績を収めています。
 
岐南工業高校は藤田監督のもと、いかなる練習を行ったのか?その秘密がこのDVDには詰まっています。
 
 
岐南工業高校レスリング部 藤田隆康監督 練習・トレーニングメニュー
ginan-wrestling-last


コメントを残す