サッカー パス・トラップ技術向上・練習メニュー 実演解説DVD 吉田康弘コーチ監修

「究極のパス上達理論」は、サッカー技術の中でもトラップとパステクニックの向上・上達に特化した教材DVDです。
 
元J1選手であり、かのジーコ氏から「自分の後継者」と認められた、吉田康弘コーチの監修です。
 
吉田コーチ独自の理論に基づいた、パス・トラップの練習法・トレーニングプログラムが学べるDVDです。
 
吉田康弘「究極のパス上達理論」正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント


 
教材内容の一部を紹介します。
 
DISC1 トラップの基本
・サッカーの基本中の基本、「インサイドキック」を習得する 練習のポイントは「足元にボールを止めないこと」
・足元にボールを止めてしまうと、次のプレーへ移る際に余計な動作が増えて、ボールを奪われやすくなる それを防ぐためのテクニックを説明
 
・味方に正確にパスを出すため、トラップした後必ず確認しなければならない「あること」とは
・太腿でトラップすると、ボールがポンと浮いてしまうミスの修正法 「良い例」と「悪い例」で具体的に解説
 
・インサイドでのトラップ後に浮いたパスを出す練習 ゴール前で特に有効な技術
・インサイドボレーの際にやりがちなミス 「立ったまま」では次のプレーにつながらない
 
・ヘディングでのパス技術を向上させる2つのポイント プレーの幅を広げるために必須
・試合での使用率はトップ?太腿でのトラップ→パスを習得する簡単な練習法と「身体を反らさない」などのポイント
 
・コーンを使っての練習 レベルアップを実現するために必要な心がけは「何度もボールに触らない」こと
・次のプレーにつながる練習か、そうでないかを決める、指導者の視点 練習の質を変えてしまう重要なポイントをチェック
 
 
■トラップの基礎練習1
・左右のインサイド、腿 胸、ヘディング
 
■トラップの基礎練習2 ダイレクトで返す対面パス
・ヘディング、インサイド
・インサイド、腿のダイレクト
・インステップ、腿、ヘディングの2タッチ
 
■コーンを使ったトラップ ゴロの応用練習
・インサイドとアウトサイド
 
■コーンを使ったトラップ 浮いたボールの応用練習
・インサイドとアウトサイド
 
pass-yoshida-1-2
 
吉田康弘「究極のパス上達理論」正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント
 
 
DISC2 パスの基本
・多用するインサイドのパス 試合で使えるようになるためのコツと練習のポイント
・パスを受けた時に意識すべき「1メートル」とは? これを意識するかどうかで次のプレーの質が大きく変わってしまう 映像で解説
 
・アウトサイドでのボールコントロールをミスしない秘訣 ポイントはヒザの使い方にあり
・ディフェンスからプレッシャーを外すのは実は簡単? ぜひ習得したい技術
 
・ディフェンスのスピードを逆に利用し、緩急をつけて抜き去る! 重要な「最初の一歩」を詳しく解説
・「正確性」と「動き出すタイミング」を向上させるワンツー練習
 
・パスをたくさんもらうために スペースを作れるようになるためのトレーニング
・次のプレーをスムースにする「身体の向きの作り方」 2つの秘訣
 
・試合中精神的に落ち着き、ミスをしないため常に見ておくべき2つのこと この2つを心掛ければ、プレーが楽になる
・パスの強弱はどのように使い分ける?その答えをここで解説
 
■縦に並んでのパス&ゴー
・インサイドでトラップ→インサイドでパス(左右)
・アウトサイドでトラップ→インサイドでパス(左右)
 
■パス&プレッシャー
・インサイドとアウトサイド
 
■ワンツーパスの練習
■対面斜めパス練習
・斜めにパスを出す、受ける
 
pass-yoshida-1-3
 
吉田康弘「究極のパス上達理論」正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント
 

 
DISC3 グリッドを使って、トラップとパスを活かす練習
・試合を想定した4対1練習 ポイントは2つ これまでに覚えたパスを活用し、ディフェンスに動きを読まれないようプレーする
・ディフェンスにプレッシャーをかけられたら、このプレーでかわす まずは、どの方向から来るのかを確認する
 
・「ルール縛り」の練習メニューにより、試合での「別次元のプレー」を目指す 有効な「縛り」を解説
・相手ディフェンスを迷わせる簡単な方法 これなら容易に相手の逆をついて抜き去れる
 
・遅いパスでも「ディフェンス置き去り」は可能 パスの使い分けの秘訣を解説
・パスをつなげるのは、実はシンプル?4つのポイント
 
・パス成功率を大きくアップさせる、ちょっとした準備と足の使い方 右(あるいは左)から来るボールに、あらかじめこの準備をするだけで動きの無駄を減らせる
 
・ディフェンスから強いプレッシャーを受けても、精度の高いパスを出せるようになる練習法
・ダイレクトパスが上手くなる2つのポイント 試合でも極めて有効 時間に余裕を作り、ディフェンスにボールを奪われる確率を大きく減らせる
 
・正確な判断力を身につける、おすすめのトレーニングメニュー 冷静に、正確に判断できる選手を養うトレーニング法を実演・解説
 
pass-yoshida-1-1
 
■4対1グリッド
・アンダー2タッチ 絶対2タッチ 1タッチ
 
■3対1グリッド
・アンダー2タッチ 絶対2タッチ 1タッチ
 
■4対1グリッド (狭いグリッドを使う)
・アンダー2タッチ 絶対2タッチ 1タッチ
 
■3対1グリッド (狭いグリッドを使う)
・アンダー2タッチ 絶対2タッチ 1タッチ
 

■ボールコントロールスキルを上げたい
■パスを受けても、すぐにボールを取られてしまう
■身体が小さく、脚も遅い それでも試合で活躍したい
 
■試合で使える、活躍できるテクニックを身につけたい
■ミスが多いので、味方からパスが来ない
 
■上手い人が実践している練習法を知りたい
■どんな練習をすれば上達するのかわからない

 
といった希望・疑問を持つ選手・指導者双方の参考になるDVDです。
 
吉田康弘「究極のパス上達理論」正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント
yoshida-pass-last

コメントを残す