大津高校サッカー部 平岡和徳監督 指導法・練習メニュー 実演解説DVD トランジション練習も

「大津高校サッカー部監督 平岡和徳の勝率を上げる100分トレーニング」は、大津高校サッカー部・平岡和徳監督の指導法・練習メニューを実演・解説した教材DVDです。
 
 
大津高校サッカー部監督 平岡和徳の勝率を上げる100分トレーニング
 

この教材は「Disc1「ミニゲームコートのトレーニング 1」」など、それぞれの内容が1枚のDVDに収められています。
 
教材の内容を紹介します。
 
 
Disc1「ミニゲームコートのトレーニング 1」(59分)
大津高校が実践するウォームアップからボール回しのトレーニング法を実演・解説。
 
■ウォーミングアップ
状況判断力と技術精度の向上を図る練習・サーキット練習。
 
・2人組で動きながら行う練習
・2人組でのサーキット練習(負荷をかけた運動を組み合わせ、インターバルなしで繰り返す練習)
■パス&コントロール
視野の確保、アイコンタクト、ハンドアクションを意識し、動きながらの状況判断・敏捷性・パスの精度を上げる。
 
・パス&コントロールのシングルとダブル
・ボックス内のダブルポスト
 
oozu-1-1
 
大津高校サッカー部監督 平岡和徳の勝率を上げる100分トレーニング
 
■ボール回し1
「止めて蹴る」など、基本的なプレーの速さと精度を上げるトレーニング、ボール回し練習メニューを公開。
 
・3人のボックスパス
・3対1
・5対1
 
oozu-1-2
 
 
Disc2「ミニゲームコートのトレーニング 2」 (47分)
トランジション(攻守の切り替え)を意識したボール回しとミニゲーム形式のトレーニング。
大津高校の強さの秘密である「試合でのイニシアチブのとりかた」を分析・解説。
 
■ボール回し2
「個の状況判断力」にフォーカスした練習。
考えるスピード、走るスピート、ボールスピードそれぞれの難易度を上げた状況下でも正しく判断できる能力を養う。
 
・4対2
・3対3対3
・5対5の3人の移動
 
oozu-2-2
 
大津高校サッカー部監督 平岡和徳の勝率を上げる100分トレーニング
 
■ゴールを使ったトレーニング
速いトランジションを意識して、選手同士の距離、スペース、角度、技術」を瞬時に判断しプレーに反映させる力を養う。
「人とボールが常に連動し、ゴールを奪う・ゴールを守る」をテーマのミニゲーム練習法
 
・1対1 2対2 3対3+2ジョーカー
・ミニゲーム(ゴールは4つ使用)
 
oozu-2-1
 
Disc3「シュート・ゴール前の攻防・ゲーム形式」(50分)
大津高校の得点力を生みだしているトレーニング。
シュート練習からゲーム形式まで。
 
■シュート練習
4パターンのシュート練習を紹介。
枠をとらえるシュート技術はもとより、ゴール前の動き出し、アイコンタクトなど、個の能力で打破できない状況下でも点を取るための判断力や連携プレー能力をアップする。
 
・ボックスシュート
・コンビネーションシュート
・シュート+クロスからのシュート
・判断を加えたシュート
 
oozu-3-1
 
■ゴール前の攻防
攻撃側はシュート練習で養ったディフェンスの崩し方を、守備側はバイタルエリアで恐れずシュートをブロックする姿勢を身につける。
 
・ゴール前の1対1
・ゴール前の2対2
・4対3(3つの崩し方)
 
大津高校サッカー部監督 平岡和徳の勝率を上げる100分トレーニング
 
■ゲーム形式
ポゼッション率を上げて、相手の弱点を見極めて攻めるミニゲーム、ボールを保持した状態でゴールを向かう意識を高めるためのミニゲーム。
 
・3つの攻撃の入り口を意識したトレーニング
・8対8対8ジョーカー
oozu-3-2
 
 
大津高校サッカー部監督 平岡和徳の勝率を上げる100分トレーニング
oozu-last


Jリーグ優勝監督・早野宏史が初公開!
試合での動きの質を高めるためのDVD教材
サンプル動画もあります!
↓ ↓ ↓ ↓
super-player
【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVD
元日本代表監督・加茂周さんも推薦されています!(推薦文あり)
 
参考動画 or 画像・実践者の体験談あります!
↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓
檜垣裕志のサッカーテクニック向上メソッド トッププレイヤーになるための利き足のポイントテクニック

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾
わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAドリブル基礎トレーニング初級編
わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBA「ドリブルトレーニング 中級編」2つのコーンで差をつけろ!フェイント練習

吉田康弘「究極のパス上達理論」正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント

コメントを残す