ランニングで膝が痛む原因 筋肉への負担・膝を伸ばした着地

走り始めたばかりの初心者ランナーは、かなりの高確率で膝が痛くなります。
 
膝は多くのスポーツで傷めやすい個所だけに、不安になるものです。ランニングで膝の痛む理由は何でしょうか?
 

ランニングで痛めた足はランニングで治す~スーパー鍼灸師が教える〝走りながら治す〟トレーニングメソッド
ランニングで痛めた足はランニングで治す~スーパー鍼灸師が教える〝走りながら治す〟トレーニングメソッド
 
「Japanマラソンクラブ」の牧野仁さんによると、初心者ランナーの膝が痛くなるのは、主に二つの理由があるそうです。
 
 
まずひとつ目は、膝周辺の筋肉への負担です。
 
普段ほとんど歩かないような人がいきなり走ると、それが3km程度でも脚の筋肉には大きな負担がかかります。
 
 
太腿やふくらはぎが酷使されると硬くなります。すると、膝の皿の骨とつながる部分が引っ張られ、膝の痛みが発生するのです。
 
 
もうひとつの理由は、膝を伸ばしての着地による膝への過大な負担です。
 
初心者のうちは、足を前に進めようとの意識が強くなるあまり、膝が伸びきり、ベタ足で着地する傾向が強くなります。これでは膝への衝撃が大きくなり、相当な負担がかかるのです。
 
 
これを防ぐには、膝を伸ばすだけでなく、後方への屈曲も意識して着地を柔らかくする必要があります。屈曲を意識すれば、伸展での着地によるブレーキ作用も軽減できます。
 
ランニング障害 改善BOOK
ランニング障害 改善BOOK
 
また、つま先の向きもポイントです。
 
つま先を足裏側に曲げるのを「底屈」と呼び、初心者のベタ足はほとんどがこの状態です。これでは脚の負担が増し、膝痛リスクも上がります。(つま先を脛の方向に曲げるのは「背屈」と呼びます)
 
このコンテンツは雑誌「ターザン」2015年10/22号55ページを参考にしました。
 


マラソン上達法
中高年初心者のためのフルマラソン完走法
「はじめてのマラソン完走プロジェクト!」
膝サポート走法 マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方

コメントを残す