錦織選手のストローク技術 改善・強化した点

早稲田大学テニス部監督で、テニス解説者でもある土橋登志久さんは、錦織選手の技術で改善された点を以下のように挙げています。
 
(このコンテンツは雑誌「スマッシュ」2014年 11月号114ページを参考にしています)

■攻め手が速くなったことと、ボール自体のパワーが上がったこと
ジョコビッチら世界のトップ選手とラリーしても、ポジションを下げずに打ち合えるようになりました。
 
■フォアをオープンスタンスで打つことが多くなり、より身体の回転エネルギーを使うようになった
 
■テイクバックの種類が増えた

以前の錦織選手は、ラケットを顔の前で回すスモールサーキュラーの動きでしたが、現在は速く直線的に引くテイクバックも併用しています。
 
このテイクバックを使うのはライジングで早くボールをとらえて強打し、相手の時間を奪うときです。 
 
従来のテイクバックではタメを作って相手にコースを読ませず、直線のテイクバックでは速攻を仕掛けて、一気に勝負を決めに行きます。
 
 
錦織選手は本来バックハンドは非常に優れているので、フォアハンドの改善は錦織選手に極めて大きな進歩をもたらしました。
 
石井弘樹氏のテニスフォアハンド強化練習法DVD
フォアハンド強化に特化した教材を紹介しています。
もっとスピンをかけたい、ライジングショットを打ちたい、といった希望を持つ選手のための教材です。
 

コメントを残す