錦織圭選手のフットワークの良さ ポイントをとるための走行距離

2015年の全米オープンテニスにおける、錦織選手のフットワークの良さを表すデータを紹介します。
 

錦織選手は、ベースラインでラリーになった時、全ストロークのうち57%をポイントにつなげています。
 
これは、ジョコビッチ選手らと並んで1位タイの記録です。
 
 
また、1ポイント獲得に要した走行距離は15.9メートルで、これはベスト8に進出した選手の中ではもっとも短い距離です
(チリッチ選手はデータ不足ため除外しています)。
 
つまり錦織選手は、極めて効率よくポイントを獲得できる選手なのです。
 
雑誌「スマッシュ」2014年 11月号140ページを参考にしました。


新井湯太加コーチ(杉山愛選手の数少ない公認コーチ)監修の教材
フォア・バックのボレーを身につけ、得点できるようになるためのポイントや秘訣、トレーニング法が収録されています。
↓ ↓ ↓
tennis-volley-last
新井流フルスイングテニス塾 スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー
 
実践者の体験談 or 参考動画・画像あります!
↓ ↓ クリック ↓ ↓
神谷流テニス最速上達法
失敗しようがないテニス上達法
シングルスで勝てない悪循環を断ち切る方法
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編
錦織圭を育てた ゲイブ・ハラミロの「Making Champions」Vol.1&Vol.2
テニス・ジュニア選手育成プログラム 倉林愛一郎監修

コメントを残す