小椋久美子さんの基本レッスン バドミントン攻撃強化練習法

バトミントンでは、一発のスマッシュで決まることはめったになく、2本、3本と攻撃を続けなくてはいけません。
 
しかし、一本目のスマッシュは決まっても、2本目以降でミスをしてしまい、ポイントを奪うどころか失点するケースも多いもの。
 
 
連続スマッシュ攻撃が途切れてしまうこのミスはなぜ起きるのでしょうか?
 
(このコンテンツはバドミントンマガジン 2015年2月号52ページを参考にしています)

07年世界選手権銅メダルの小椋久美子さんによると、
 
打つ時の体勢・フォームが乱れている
 
ことが原因として挙げられます。
 
 
1本目のスマッシュは良いフォームで打っている場合が多く、コースも狙いやすいもの。
 
しかし、それをレシーブされて返ってきたシャトルを打つのはそうはいきません。落下地点まで移動して打つ必要があります。
この時、フォームが崩れるのです。
 
 
レシーブされて返ってきた2球目、3球目のシャトルを、余裕のある1本目のスマッシュと同じ体勢・フォームで打てるでしょうか?
 
 
これは、スマッシュしても次の展開(レシーブされた後)を意識していないとなかなか難しいのです。
 
 
シングルスでもダブルスでも、攻撃をする際には常に次のことを考えながら打たなくてはいけません。
 
 
 
次ページでは、攻撃を強化するための練習法を紹介します。
 
埼玉栄高校のバドミントン練習メニューDVD
強豪・埼玉栄はどんな練習をしているのか?山田秀樹監督が実演・解説する教材DVDを紹介しています。
 

コメントを残す